FC2ブログ

2015年4月5日(日)~5月31日(日)7年に1度の善光寺最大の盛儀「御開帳」が行われます。
当社でも、多数ツアーを企画しております。
地元発着・添乗員同行。どなた様でもご参加いただける当社自慢の安心おすすめプランです。
この機会にぜひご参加いただき、ご参拝ください。

☆4月26日(日)出発 1泊2日
 北陸新幹線乗車・善光寺御開帳ツアー
  ~砺波チューリップ祭り&白えび・ホタルイカご賞味~

※詳しくはこちら 

☆5月23日(土)出発 日帰り
 
七年に一度の両詣 戸隠神社式年大祭と善光寺御開帳の旅

各地(7:00~7:45)―須坂クラッシック美術館―戸隠蕎麦の館 山口屋(昼食)―戸隠神社中社(神楽祭り)
―善光寺御開帳(回向柱・御夕座など)―各地(20:00~20:45)

ぜひTEL0265-24-7373までお電話ください。ご予約、お待ちしております。

d0172270_18133275.jpg

仁王門

d0172270_1704732.jpg

金剛力士像

d0172270_1711439.jpg

表参道・・・両側にお店が建ち並びます。

d0172270_1712837.jpg

六地蔵・・・地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の6つの世界で我々衆生を救ってくださる菩薩様

d0172270_177144.jpg

ぬれ仏(延命地蔵)

d0172270_17101747.jpg

山門(三門)重要文化財 寛延三年(1750年)に建立

d0172270_17125358.jpg

楼上には「善光寺」と書かれた額が掲げられています。
これは「鳩字の額」と呼ばれていて、3文字の中に鳩が5羽隠されていますが、わかりますか?

d0172270_17193966.jpg

あと、「善」の一字が牛の顔に見えますね。「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を如実に物語っています。

d0172270_17221983.jpg


国宝 本堂
d0172270_17282733.jpg

参拝したすべての人を極楽浄土へと導いてくれるといわれています。

d0172270_17311758.jpg

悪いところにケムリをかけると、治る!と信じて、わたくし、頭・顔・腰・足と全てにかけてきましたよ^^

d0172270_1733939.jpg
続きを読む
スポンサーサイト



信州にもようやく春の訪れが・・・^^

d0172270_15214812.jpg

駒ヶ根市にある光前寺の近くにある水仙が咲くスポットです。

後ろに見えているのは、中央アルプス。残雪の山が青空に映えていますね。

d0172270_152568.jpg

d0172270_1446361.jpg

d0172270_14475721.jpg

お日様に向かって、みんなで元気よく歌を歌っているみたいじゃないですか♪(*^m^*)

d0172270_15234115.jpg d0172270_15234999.jpg

d0172270_15254098.jpg

d0172270_15232874.jpg

d0172270_15194371.jpg

d0172270_15263147.jpg

d0172270_15261078.jpg



沖縄のスイーツに続きまして、沖縄観光の人気スポットナンバーワンの美ら海(ちゅらうみ)水族館です。

d0172270_049921.jpg

d0172270_0573343.jpg d0172270_0565496.jpg

それでは、沖縄の海の中へとご案内します^^

d0172270_1131760.jpg
d0172270_185944.jpg
d0172270_191596.jpg
d0172270_143733.jpg


d0172270_1112330.jpg


d0172270_19276.jpg d0172270_18339.jpg

d0172270_184750.jpg


沖縄の美ら海を再現した水槽、黒潮の海
ジンベエザメやマンタが悠々と泳いでいます。迫力があります。

d0172270_1171060.jpg

大パノラマで、まるで、沖縄の海をそのまま切り取ったみたいです・・・ずっと見ていても飽きないですよ。


d0172270_1192519.jpg

外に出ると、前方にきれいな海が広がっていました。

d0172270_1195167.jpg

マナティー館や、ウミガメ館は、水族館から少し離れたところにあります。

d0172270_1191091.jpg
d0172270_122353.jpg

ゆうゆうと泳ぐお魚たちを見ていると癒されますね。

夏のご旅行はお決まりですか? ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

沖縄旅行、多数パンフレットを取り揃えております。
ご予約は、ぜひ当店へお願い致します。

Pictures-001.jpg
続きを読む

万座毛から、さらに北上。
58号線沿いの海側に赤瓦屋根の目立つ赤い門が見えてきます。「御菓子御殿」です。

d0172270_135299.jpg


建物は、見ての通り首里城の正殿をイメージしてつくられています。

d0172270_1294011.jpg

店内では、紅いもを使ったお菓子をはじめ、黒糖などの沖縄の特産品を使ったお菓子が作られていてその様子をガラス越しに見学できます。

それにずらりとあるお土産のお菓子は、すべて試食ができるので、お土産選びには最適!

2階はレストラン&カフェになっていて、出来立ての紅いもタルトが食べられるんですよ。

じゃーん!これが、出来立ての紅いもタルトです!

d0172270_1402021.jpg

まだ温かかったです。出来立てなので、タルトのサクサク感も楽しむことができました。
これはオススメです!

シーサーも、食べていました(笑)

d0172270_1502259.jpg


紅芋のモンブラン。こちらも美味でしたよ。

d0172270_147126.jpg

窓際の席からは、青くどこまでも広がる東シナ海を眺めることができました。


ついでに、紅芋ソフトクリームもどうぞ♪

d0172270_1494429.jpg


きれいな海を眺めながら、美味しいスイーツでほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。


沖縄への旅、パンフレット多数取り揃えております。ぜひご来店くださいませ。


Pictures-001.jpg

沖縄県南部にある新原(みーばる)ビーチです。

d0172270_0191965.jpg


南部のビーチの中では透明度も良く、天然のビーチなんだそうですよ。

d0172270_0373292.jpg


白く美しい砂浜がどこまでも続いていて、青い海を見ながらビーチを歩くのはとても気持ち良いです。

d0172270_027088.jpg


続きまして、読谷村にある残波岬。

d0172270_18949.jpg


ここは、東シナ海に面した岬で高さ約30mの断崖が約2km続いています。

d0172270_1151214.jpg

1945年、米軍は残波岬を目印に読谷海岸に上陸したという歴史もあります。

d0172270_1163439_20150323111420451.jpg

近くにあったビーチ

d0172270_130594.jpg

陽が陰っても青いのが沖縄の海!

d0172270_125369.jpg


そして、こちらも有名な観光スポット、万座毛です。

d0172270_174483.jpg

隆起サンゴ礁の断崖に打ちよせる荒波と、眼下に広がる青い海。
象の鼻の形をした岩も、印象的でSY、

信州には、まず生えていない植物。まさに南国って感じですね。

d0172270_111324.jpg


d0172270_1121713.jpg

こちらにも、夫婦岩がありますよ。

d0172270_1131314.jpg


沖縄への旅、パンフレット多数取り揃えております。ぜひご来店くださいませ。

Pictures-001.jpg







こんにちは。
ここのところ、日中暖い日が続いていますね。
暖かいと言えば沖縄! 
沖縄と言えばやはり、「海」ですよね。
3~4月、沖縄では海開きのシーズンを迎えます。
ぜひ日本一早い夏を、沖縄で体感してみてはいかがでしょうか!

パンフレット多数取り揃えております。ぜひご来店くださいませ。

Pictures-001.jpg



と言うことで、沖縄のアピールを何回かに分けてさせていただこうと思います!

まずは、琉球王国 栄華を極めたシンボル、首里城

幕末までの約450年間、琉球王国の都として栄えた首里の城郭。
まず最初に出迎えてくれるのは 守礼門 (二千円札です・・・今はあまり見なくなりましたね)


d0172270_0453567_20150320174352dac.jpg

「守礼之邦」と書かれた額は、「礼節を重んずる国」という意味だそうです。

思いっきり逆光(^-^;

d0172270_0462157.jpg

d0172270_047165.jpg

守礼門をくぐった先にある、世界遺産の 園比屋武御獄石門(そのひゃんうたき)

d0172270_0484614.jpg

続いて、歓会門(写真左)です。首里城へ入る第一の門。(よろこびほこる門という意味だそうですよ)

d0172270_051057.jpg

↑写真右は、瑞泉門 (ずいせんもん)
立派な、めでたい泉という意味。門のそばにある龍樋にちなんで名付けられたそうです。


d0172270_0542255.jpg

他にもたくさんの門をくぐり、ようやく正殿へ。

d0172270_0433716.jpg

この正殿は 政治や王家の行事を司った中心で 琉球王国最大の木造建築。朱色が鮮やかです。

首里森御嶽 (すいむいうたき)・・・十嶽(とたき)と呼ばれる首里城10箇所の御嶽の中で一番格式高い御嶽。

d0172270_194652.jpg

御嶽(うたき)は聖地のこと。ここは、神聖な場所なんだそうです。


首里から望む那覇市内・・・遠くに海が見えました。

d0172270_1193222.jpg

d0172270_1202139.jpg

首里城を出たところにあった、ブルーシールのアイスクリーム屋さん。そこで見つけたソフトクリーム。

ハイビスカス・紅芋・マンゴーの首里城オリジナルソフトクリーム♪

d0172270_1225044.jpg

まさに沖縄カラー!3つの味を楽しめる、お得なソフトクリームでした。


先週の積雪にはびっくりしましたね(^-^;
でも、梅の花もあちこちで咲きだし、確実に春は近づいているようです。

なばなの里も、春の花が咲き始めていました。

河津桜です。

d0172270_2291266.jpg

d0172270_22121533.jpg

d0172270_22152714.jpg

桜にメジロ、絵になりますね^^

d0172270_22265066.jpg

続いて梅苑です。

d0172270_22393889.jpg


d0172270_22404538.jpg

びっしりついたピンクの花がとってもきれいでした。

d0172270_22465938.jpg

d0172270_223807.jpg


d0172270_2247554.jpg

d0172270_22371737.jpg

なばなの里、どの時期に行っても楽しませてくれますね♪

d0172270_22411095.jpg






三重県津市にある結城神社は、津市で最期を遂げた南北朝時代の非運の将、結城宗広公を祀っています。

d0172270_7483129.jpg

境内神苑には、「しだれ梅」約300本のほか10種類80本の梅の木が植えられ、例年、2月中旬~3月中旬まで梅まつりが開催されています。

d0172270_7524675.jpg

d0172270_852883.jpg

桜に負けず劣らず、可愛らしい花ですよね。

d0172270_812560.jpg

d0172270_834419.jpg

バラのアーチや、藤棚は見たことありますが、梅棚は初めてです。

d0172270_841997.jpg

d0172270_82514.jpg

d0172270_891132.jpg

d0172270_8111979.jpg


d0172270_753192.jpg

見事なしだれ梅、ぜひ見に行かれてはいかがでしょうか?

d0172270_0125325.jpg

d0172270_0131979.jpg

d0172270_0161282.jpg

d0172270_0155199.jpg

d0172270_0164911.jpg

d0172270_0153846.jpg

着地成功!

d0172270_0121881.jpg

d0172270_014786.jpg


d0172270_0142724.jpg


朝8時。白鳥たちの飛来シーンを見ることができました。

d0172270_017057.jpg

d0172270_0154291.jpg

d0172270_022037.jpg

d0172270_0164739.jpg

d0172270_0172240.jpg

ねぐらにしている明科御宝田遊水池を飛び立って行った白鳥たちを追っかけて、私たちも次の場所へ移動します!


狐島の田んぼへ。

d0172270_2354964.jpg

明科町宝田遊水池をねぐらにしている白鳥たちが、日中は餌をもらいがてら、この田んぼにやってくるんです。
地元の方の努力により、餌付けに成功されたんだそうですよ。

白鳥が、次から次へと飛んできます! 

d0172270_034463.jpg

d0172270_094570.jpg

d0172270_0132561.jpg


d0172270_010314.jpg